安心・安全への心がけ

ニューボーンフォトの撮影で一番大切なことは、赤ちゃんの安全を守りながら撮影していくことが第一だと考えています。 
可愛い生まれたての赤ちゃんを撮影するだけではなく、赤ちゃんとママが安心できる撮影にする環境づくりや配慮をすることも私の大切な心構えと役割です。

 

産後のママはまだお身体の痛みや寝不足といった体と心のバランスも変化している状態です。 

撮影時は極力、お身体の負担にならないようゆったりとリラックスしていただきながら撮影をさせて頂いてます。

 

 

インスタグラムなどでよく見かけるニューボーンフォトの赤ちゃんのポージング。

一見簡単そうに見えますが、専門の知識や技術が必要になってきます。 

たまごが自立しているように見える写真も、撮影時はアシスタントの手が添えられています。赤ちゃんは基本的に自立して座るのは難しく、うまく自立したとしても万が一倒れたら大変なことになります。ですので、必ずアシスタントに手を添えてもらい、それを修正して消しています。

Konene photoでは無理なポーズはせず、その時の赤ちゃんの様子に合わせたポージングで撮影させて頂いてます。 

ご希望に添えない場合もありますが、安全第一に考え、ご了承いただいています。

カメラマンは日本国内、および本場アメリカのニューボーンフォトグラファーより研修を受け、新生児の知識や専門の撮影技術をしっかり学んだ上で安心・安全を第一に考え、お子様とお母様に負担の少ない撮影を行います。

​衛星管理についても、赤ちゃんに直接触れる布などは毎回、赤ちゃん用洗濯洗剤で洗濯しています。また、撮影前には消毒・手洗いをさせていただきます。

毎年、インフルエンザの予防接種を受け、赤ちゃんと接することが多いため、日ごろから手洗いやうがい、外出時のマスクの着用と体調管理に気を付けています。が、万が一私もしくは家族が感染性の病気などにかかった場合は赤ちゃんを感染から守るため撮影を延期させていただくようお願いしています。

また、生まれたばかりの赤ちゃんもお腹が空いている時、眠たい時、寒い時や暑い時、不安な時など泣く理由は色々ありますが、泣いていても焦らなくて大丈夫です。

ゆっくりと時間をかけて赤ちゃんのサインを読み取るよう、授乳やおむつ替えもはさみながら、寄り添って撮影に取り組んでます。

 

この​写真がママの癒しになるように、産後ケアの一環として撮影させて頂いています。

ひ、撮影を楽しんでくださいね。

気になることがあれば、contact または LINEからご連絡ください。